ブラシマークを極限まで抑える
究極のブラシロール

【トリプルスパイラルブラシの開発】

ブラシマーク抑制に挑む

 従来のシングルスパイラルブラシでは、ブラシマークが発生するという課題がありました。その課題を解決するために考案されたのが、トリプルスパイラル、即ち3本のブラシを螺旋状に巻きつける手法です。
 
 1本のシャフトに3本のブラシを螺旋状に巻きつけることにより、ブラシの傾斜角度を大きくして、ブラシマークの発生を極限まで抑えるブラシロールを開発しました。それが、トリプルスパイラルブラシです。

トリプルスパイラルブラシの原理

 トリプルスパイラルブラシは、シングルスパイラルやダブルスパイラルと比較して、シャフトに対するブラシの傾斜角度が大きくなっています。

ブラシのミニチュアサンプルによる比較。トリプルスパイラルブラシには3本のブラシが巻きつけられており、シングルよりも傾斜角度が大きい事がわかる。

洗浄イメージ

 シャフトに対するブラシの傾斜角度を大きくすると、ブラシ間の隙間をなくすことができます。すると、いわゆるブラシマークの発生を極限まで抑えることが可能となるのです。

コーワが誇るクリーナー用床ブラシの一大革命コーワが誇るクリーナー用床ブラシの一大革命
エアコン用自動掃除ユニットの高機能化エアコン用自動掃除ユニットの高機能化
光学プロジェクター分野へ技術を応用展開光学プロジェクター分野へ技術を応用展開
製品づくりから商品づくりへコーワの新しいチャレンジ製品づくりから商品づくりへコーワの新しいチャレンジ
究極のオイルカットロール開発への道究極のオイルカットロール開発への道
ブラシマークを極限まで抑える究極のブラシロールブラシマークを極限まで抑える究極のブラシロール
ブラシによる研磨効果UP!ブラシによる研磨効果UP!