エアコンフィルター清掃で培った技術を基盤に
光学プロジェクター分野への応用展開

【クリーンマスターⓇ商品群の拡大】

フィルター清掃技術の展開

 今ではエアコンにおいて、フィルター自動清掃が当たり前の標準機能として認知される状況になりました。これまで、コーワではお客様のフィルターお掃除機構開発に数多く携わらせていただくことができ、ある程度フィルター清掃に関するノウハウを蓄積することができました。
 
 そこで、次なるステップとしてフィルター自動清掃技術の、新たな分野への展開を模索する中、光学プロジェクターの分野に注目しました。

光学プロジェクターへの展開

 精密機器である光学プロジェクターでは、光源ランプ等の光学部品が非常に高温になり、これを冷却するために外気を積極的に筐体内に取り入れる必要が有ります。
 
 その際に問題となるのは大気中に浮遊する塵埃です。
 塵埃が筐体内に侵入してしまうと、投影される画像に映ってしまったりして画質が落ちてしまいます。
 当然、外気の取り入れ口にはフィルターがセットされ、筐体内への塵埃侵入を防いでいますが、フィルターは徐々に目詰まりしていき、ランプの冷却効率が下がってしまいユーザーには定期的にフィルターを取り外して掃除するか或いは交換するなどの手間が発生してしまいます。
 
 ここに着目し、エアコンフィルター自動清掃技術を応用して光学プロジェクターへと展開すべく行動を開始しました。
 
 光学プロジェクターと一言で括っても、使用されるシチュエーションは様々でホームユースの小型タイプから、広めの会議場などでプレゼンテーション等に使用される中型タイプ、劇場、イベントなどで大型スクリーンに投影する大型タイプのものまで、幅広くラインナップされています。
 
 その後、光学プロジェクターメーカー様への営業活動を重ねるなかで、フィルター自動清掃にご興味を示していただいたお客様から具体的にお話しをいただくことが出来ました。検討対象となるプロジェクターは、大型光学プロジェクターのフィルター自動清掃でした。
 特に大型タイプのものは映画館のような屋内で使用されたり、野外イベントで使用されたりすることも有り、設置場所も様々です。
 
 そこで大きな課題となるのは、大気中に浮遊している塵埃(特に細かい土埃)が、室内に設置されているエアコンのフィルターに捕捉される塵埃と大きく異なる点でした。
 フィルターに捕捉される塵埃と言っても、エアコンと大型プロジェクターでは全く別世界で、お掃除に関連する要素を一つ一つ最適化する必要が有りました。

新分野での活用

 お客様からご提示いただいたスペース内に具体的にフィルター自動清掃機構をどうやって実現するか試行錯誤が始まりました。
 
 お掃除する塵埃もエアコンと異なりますが、プロジェクター特有の設置姿勢が変化するという課題にも対応が必要でした。
 お客様との綿密な打ち合わせを重ねながら構想~手作り試作~金型製作~型物試作までたどり着き、評価を繰返し、清掃部分を最適化していき量産することができました。

 困難はありましたが、何とか光学プロジェクターという新たな分野への第一歩を踏み出すことができました。
 今後も、クリーンマスター®商品群を色々な分野へ活用出来るよう研究を重ねて清掃に関する技術を高め、お客様の様々なニーズに対応出来るように頑張っていきたいと考えています。

コーワが誇るクリーナー用床ブラシの一大革命コーワが誇るクリーナー用床ブラシの一大革命
エアコン用自動掃除ユニットの高機能化エアコン用自動掃除ユニットの高機能化
光学プロジェクター分野へ技術を応用展開光学プロジェクター分野へ技術を応用展開
製品づくりから商品づくりへコーワの新しいチャレンジ製品づくりから商品づくりへコーワの新しいチャレンジ
究極のオイルカットロール開発への道究極のオイルカットロール開発への道
ブラシマークを極限まで抑える究極のブラシロールブラシマークを極限まで抑える究極のブラシロール
ブラシによる研磨効果UP!ブラシによる研磨効果UP!